ハーレーをこよなく愛する 
 店長 木村 大和

kimura1
 
~趣味は人生の原動力~

初めて乗ったバイク、カワサキ バルカン。その後ドラッグスター、ビラーゴと乗り継ぎ現在の07FXSTを購入しました。中学生の頃からバイクに憧れ、バイク乗りに憧れ、現在はそんな「憧れの的」になれるような生き方を常々考えております。


一台目のバルカンを所有していた頃、某バイク雑誌を見ていると、ハーレー乗りが不運の事故により身体の自由を奪われたT氏
の記事が掲載されておりました。当時の私はその衝撃的な記事に頭の中が真っ白になってしまった事を覚えております。
「正直もう死にたい」「何もする気が無くなった」(T氏談)
そんな時、ハーレー乗りの仲間がかけた言葉は・・・「死にたいなら自分に力で死んでみろ!」普通では思いもよらない言葉。。。
しかしその一言は精一杯の励ましの言葉だったと思います。無論T氏は身体の自由が利かないため自分の命を自分の力で絶つことなど出来ない状態でした。しかし仲間達の言葉一つ一つの重みを感じていたに違いないと思います。


そんなある日、甥に「アンパンマンかいて」とせがまれたT氏は口にペンを咥え何気なく描いてみると、思いのほかうまく書けることに気づきました。
それをきっかけに革の生地に言葉を書くようになったそうです。

kimura2

当時私は大学在学中。

時間も少々のお金もある。

「会いに行こう!」と思い立ちました。

そうしてすぐさま雑誌の編集社に問い合わせをいれ、直接連絡を取ることに成功。

4泊5日の旅に出ることを決意しました。

初日は土砂降りに合い、バイクでの走行は不能となり野宿。。。
2日目からは天気も回復して順調にT氏宅に到着しました。
するとそこにはT氏をはじめご家族全員の「ようこそ」という「無形のおもてなし」があふれていました。
人の本当の気遣いや言葉で、初めて会う人間に対して感動する、させられるという経験はこの瞬間が初めてだったと思います。
そんな中、時間も忘れT氏との対談を交わさせていただき、友達観、家族観、ハーレーへの情熱などたくさんのお話を聞かせていただきました。
憧れてはいましたが遠い夢だと思っていた「ハーレー」というものを現実的に手に入れると決めた瞬間でした。

しかしすぐにハーレーなど買える訳も無く数年が経過し、大学を卒業後には必然的に車が必要になるという状況でした。

今だから言えますが車には全く興味がありませんでした。
勿論ランクルという車に種類があることすら。

kimura3

しかし漠然とした考えの中、愛車探しを始め「乗るなら黒い4WD!」というだけでたまたま立ち寄ったのがこのプラド専門店でした。
そしてここでも運命の出会いになるとは。。。


接客してくれたのは高木店長、その上、同大学の先輩。話がとんとん拍子に進み、お客さんだった私は入社を決意しました。
正直、車の知識などない私は店長の言動、行動に憧れを持っていたのは言うまでもありません。


それから色々な知識を身につけ、ハーレーを所有するために頑張り、その結果念願であった「購入」にたどり着くことが出来ました。


T氏との出会い、高木店長との出会い、そしてプラド専門店との出会いが私の夢を実現とする大きな原動力になったことは言うまでもなく、これまで出会った方々に感謝しております。


「ハーレー」という形あるものの存在で私自身、人生そのものの力になっていることと同様に、ご購入を検討していらっしゃるお客様、既にご購入いただいたお客様も、当社の作り上げた「プラド」という車が楽しい人生の一部となってもらえれば幸いです。


その為にも、どこの販売店よりも美しいプラドで、どこのプラドよりもカッコイイいい一台を作ることをお約束いたします。

kimura4

日本一美しいプラドを提供していく専門店への道
 加藤 隆一

kato1
 
~笑顔と明るさが私の最大の武器です~

プロフィール

通称:ブル
趣味:化石採集、史跡巡り、林道検索
特技:ハンドボール、変顔  
車歴:マツダMPV(ディーゼル)→デリカスターワゴン(ディーゼル)→ジムニーJA12W、ホンダステップワゴン
休日の過ごし方:愛車のジムニーで、妻と愛犬のコーギーを乗せてドライブ、
美味いもの巡り、ショッピングモールでの買い物、友人たちとのバーベキュー

こんにちは。

プラド専門店の加藤隆一です。

私は中学、高校、大学とハンドボールという競技をやっており、まさしくハンドボール漬けの生活を送っていました。

私の今の98kgの体型からは想像がつかないかと思いますが、インターハイ、インターカレッジ、国体、アンダー19日本代表候補に選出された事があります。

その事で将来はスポーツ関係、ハンドボールの指導をする職業に就くのが漠然とした目標でした。

メッセに入社したきっかけ

私はハンドボールしか知らない人生を送ってきた事で将来はスポーツ関係、ハンドボールの指導する職業につきたいなと思っておりました。

しかし大学1年、3年の2度にわたる膝の大怪我でスポーツ関係の仕事を諦めました。将来は何の職に就こうか考えている大学4年の夏、あることがきっかけで4WDという車の魅力にどっぷりハマってしまう出来事がありました。

当時、大学の1学年上の先輩が当社カージャパンに勤めており、先輩に連れられて店舗に遊びに行った時に見た、カスタムされた4WDの輝きに一瞬で目を奪われてしまいました。

元々、大きい4WDに乗りたいと思っていた事もありましたが目の当たりにしたカスタムカーを見て、こんな車に乗りたいと言う気持ちは当然ながら、こんな車を作りたいと言う気持ちが芽生えました。

通常大学4年と言えば就職活動に力を入れるのですが、私はカージャパンに入社する事しか考えていませんでした。

素人の私から見て、専門店の手掛けるクルマ、そのカスタムカーを作る店舗スタッフの存在は、かっこ良く魅力的で憧れでした。

いつかはこの人たちの様になりたいと・・・。

その後、先輩を通し入社をしましたが当然のことながらスポーツ以外何の取り柄のない私ですから即戦力になれるわけもなく、店長に1から教えてもらう事からスタートしました。

お客様の全ての不安を解決する事が目標

お客様と接するうえで気を付けている事は「お客様が何に不安に感じているのか?」をしっかりと聞く事です。

我々が取り扱う車両は、生産から20年以上経過しており、それに伴い走行距離も過走行の車両です。

よってお問い合わせいただくお客様は必ず不安を感じてお問い合わせを頂きます。

その不安に耳を傾けて、「今まで経験してきた事例」をお話をさせて頂きます。

経験を元にした整備、予防策と当社で行っている対策を十分にご説明をさせて頂き不安を1つでも払拭頂ける事に気を配っています。

何故、私がその点に気を付けているかというと、過去に自分の愛車で苦い経験をしたからです。

現在は平成8年式のジムニーJA12を所有しています。そしてその前も8年式の三菱デリカスターワゴンを所有しておりました。

実は最初に購入をしたデリカスターワゴンは購入から1年で泣く泣く手放してしまったという経験を持っております。

当時は大した知識もない中で車両を選び購入をしました。

年式相応の走行距離(13万キロ)、価格が同型車と比べても格段に安く、そして大きい4WDと言う安易な考えで購入してしまった事が今考えれば間違いでした。

メンテナンスの知識もろくになく、納車になってから乗りっぱなしの状態で、約1年を迎えたころにはエンジン内部からの金属音、その半年後にミッション変速不良と手放さざるを得ない状況で本当に悲しかったのを覚えております。

その時は、次こそは新しい車を購入しようと心に決めましたが、やはり私も根っからの4駆好きで次の愛車に選んだのも8年式のジムニーでした。

クルマの楽しさ

私にとっての車とはただの移動手段ではありませんでした。

折角乗るのであれば本当に心底欲しいと思える車に乗りたいという思いで歴史ある古いジムニーを購入しました(笑)

もちろん故障の心配が無いに等しい新車を購入すれば確実な安心は手に入れることが出来るでしょう。
しかしそれでは車を所有する楽しさ自体無くなっていて後悔をしたと思います。

ジムニーも購入から7年と年数が経過してきているので振動、オイル漏れ、冷却水モレなども出てきていますが少しずつ手を加えることで車がそれに応えてくれるように調子の良し悪しを感じさせてくれます。

次はこの対策をしてみようか、このパーツを付けようかと日々楽しく過ごすことが出来ています。

これは車が好きな人間にとっての醍醐味だと私は思います。

kato2

私の使命

今現在はプラドに関する数多くの知識を身に付け、直接お客様にご提案、アドバイスできる立場になりましたが、専門店の営業としては日々勉強が必要と感じています。

先日、納車させていただいたお客様に対して、言葉足らずな対応をしてしまい叱咤激励をいただいた事がありました。もっと事の本質を深く考え行動、発言するべきだったと反省しております。

入社した理由でも述べました通り、あの時に感じた思いを大切にして、プラド専門店でしか作り上げる事の出来ない美しいプラドをお客様にお届けするという使命感をもって行動して行きたいと思います。

より多くの方々に美しくて、カッコいいプラドを乗っていただくために、そしてこの先10年、10万キロを今どきの車と同様に安心して所有していただくために

「新しいカスタムを生み出さなければ!」

「今持っているメンテナンス知識を深めなければ!」

「人としてあるべき対応をしていかなければ!」

を日々追及していきます。

最後に・・・

私の自慢はとびっきりの笑顔と人一倍の明るい性格です。

お客様から支持される当社の創り上げた美しいランドクルーザープラド同様に、お客様にも心ある人間としてこの加藤隆一を認めて頂ける対応をお約束いたします。

皆さまのご来店、お問い合わせを心よりお待ちしております。

kato3