車の心臓部ともいえるエンジンルームですが、一般ユーザー様は頻繁にボンネットを開け閉めすることは少ないので、中古車購入時に見過ごしがちな個所だと思います。
エンジン「ルーム」という名前が付いているので、運転席と同じような感覚でとらわれやすいですが、基本的にはエンジンルームと言えども「外」と同じ状況で、埃は入りますし、ラジエターやアンダーガードの隙間から雨水が入ったり、ボンネットの隙間から雨水が飛び込んだりします。
メッセで行うエンジンクリーニングは、エンジンルーム内はもとより、ボンネット裏側の汚れ、溝部分、ヒンジ部分、ホース類、エンジンカバー類のオイル等、補機類全ての汚れを除去しエンジンルームの細部まで美しくすることで、消耗品の点検や、油脂類の漏れ、残量の確認など万が一の際の早期発見と予防につなげ、プラドライフをお守りします。

エンジンデグレザーの施工内容

➀ 入庫状態

一般的なランドクルーザープラドの「中古車」仕入れ時のエンジンルームです。
この状態から完成まで、メッセ独自のクリーニングを施します。
トヨタ最強1KZディーゼルターボエンジンを見た目から美しく蘇らせる工程をご覧ください。
78プラドエンジンデグレザー高圧洗浄01

➁ 専用クリーナー添付

まずはエンジンルーム内全体に2種類の専用クリーナーをまんべんなく添付します。
複雑な構造ですので吹き付けのムラがないようにいろいろな角度から添付します。
1つはアルカリ性の物で主に油汚れに反応します。
そしてもう一つは中性でホコリなど一般的な汚れに反応します。
その為、汚れの種類によって添付するクリーナーの量を調整していきます。
78プラドエンジンデグレザー高圧洗浄溶剤添付01

➂ ブラッシング

特に油汚れに関してはクリーナーだけの力では落としきれませんので毛足の硬いブラシを使用し時間をかけて丁寧にブラッシングしていきます。
出来るだけ細かい所をいろいろな角度からブラッシングして、ムラが出来ないようにブラッシングします。

78プラドエンジンデグレザー高圧洗浄ブラッシング01
78プラドエンジンデグレザー高圧洗浄ブラッシング03

➃ 高圧洗浄

ブラッシングが完了したら汚れを洗い流すため強力な高圧洗浄をかけていきます。
ボンネット裏やブラシが入り込まなかった狭い場所を中心に高水圧を利用し汚れと溶剤共に流しきります。
この水圧は素手では触れない程の威力ですのでエンジンルーム内を一掃できます。
ポイントはいかに狭い箇所の汚れを落としきれるかにかかっており、最終の仕上がりにも左右する工程ですので充分な時間と確認を怠りません。
78プラドエンジンデグレザー高圧洗浄001

➄ エアブロー

洗浄工程が完了しましたら、速やかにエアブローをかけます。
水分を吹き飛ばし、乾燥を早め、電装品へのダメージを軽減させます。
その後エンジンを始動させ発熱により最終乾燥させます。
78プラドエンジンデグレザー高圧洗浄乾燥01

➅ コンディショナー

最後にコンディショナーをエンジンルーム全体に添付します。
このコンディショナーは艶出しの効果は勿論ですが、プラスチックパーツの保護やゴムパーツの劣化を防ぐ効果も充分です。
78プラドエンジンデグレザー高圧洗浄コンディショナー01

➆ 完成

エンジンルームは、複雑にパーツが組まれている為、色々な方向から見ないと汚れを見逃してしまうことがありますのでしっかり確認し完成です。
汚れがしっかり落としきれているため艶出し効果が充分にいきわたっているのがお解りだと思います。
このサービスは美しくすることだけではなく、「オイル漏れ」や「ホコリが原因によるリーク」などマイナートラブルの早期発見に繋がる日頃のメンテナンスに役立つメッセオリジナルの施工です。

78プラドエンジンデグレザー高圧洗浄完成01
78プラドエンジンデグレザー高圧洗浄乾燥01

メッセのエンジンデグレザー高圧洗浄クリーニングはいかかでしたか?
メッセが販売する全てのプラドには無料で施工するサービスとなっています、是非ご利用ください。

解説:高木義信