78プラド中古車滋賀県松下さん02

オーナーズレビュー
滋賀県 松下さん

プラド専門店カージャパンメッセ 加藤様 木村店長様 スタッフの皆様

皆様のおかげで毎日カーライフを楽しませてもらっております。
これまで軽4駆から乗り始め、プラド120系に乗っていましたが、結婚して家を建てたこと、子どもが産まれたのを機に、ミニバンに乗り換えました。しかしどうしても愛着がわかず、さらには職場のスタッフにもミニバン似合わないですよねと言われる有様でした。
趣味のキャンプでも、どうも画にならない。新型のプラドは自分好みではない。いろいろ思うことはありましたが、そんなときにネット検索で出てきたのが、プラド専門店カージャパンのHPでした。
いやいや、「ミニバンを最低10年は乗ると決めたやん」と自分に言い聞かせながらも、毎日見てしまうオーナーズボイス。じつは他のお店のHPや中古車販売店にいって実車を見にいったりもしていました。これ!と決めたらなかなか引けない性格もあり、妻に相談すると意外にも「乗りたいんやろ?仕事も頑張ってるし買ったら?」とのまさかの後押し!
27年秋ごろにメールを送らせてもらってから、約半年。何度も連絡のやり取りをさせてもらい、28年4月末にとうとう納車されました。ただただ感動でした!!!妻子ともに大満足で、「あなたらしい」「似合ってる」「かっこいい」と言ってもらえて嬉しく思っています。
滋賀県から遠く離れた宮城県のお店で、実車も見ないでそれなりの金額を支払うのは、正直とても不安でしたが、「専門店」としてのベース車両からの見極め、内外装のカスタム、性能維持のための予防策、整備等が決め手でした!
もうひとつお願いしたかった理由があります。それは、東日本大震災のことが頭にあったからです。平成7年に滋賀県も阪神淡路大震災で大きな揺れを感じました。まだ自分は小学生の頃でしたが大変怖かったことを思い出します。それ以上に東日本大震災ではたくさんの方が被災されました。残された映像を見るたびにすごく心が痛みます。何かできないか?そんなことを思いながらも何もできない自分がいました。
宮城県のお店から車を買うから、だから復興に向けて自分も協力できただなんて、そんなことは言えません。しかし、28年九州熊本での大きな地震に対し、被災地へのカージャパンのスタッフの方々の行動を見て、「ここで買ってよかったな」と思いました。他人の痛みをわかるということは、お客様に対してもそのお客様が乗る車に対しても真摯であるはずだと確信できました。
カージャパンの皆様に届けていただいた78プラドは阪神淡路大震災が起きた平成7年式。東日本大震災の被災地でもある宮城県のお店から買って、九州熊本で大きな地震が起きた28年4月に我が家にやってきた78プラド。こんなことを言うと不謹慎かもしれませんが、揺れるのは、ディーゼルエンジンによる振動と、78プラドに乗ってわくわくする心であってほしい。わくわくする心、楽しみは、生きる活力になります。これからもたくさんの人に、このわくわくを届けていただきたいです。本当にありがとうございました!
78プラド中古車滋賀県松下さん03